キレイに治す「あざ」治療クリニックnavi

キレイに治す「あざ」治療クリニックnavi

医療レーザーで完全消去!美しい肌を取り戻すあざ治療ガイド

シロノクリニック

シロノクリニックのあざ治療について調査しています。クリニックの特徴や、医療用レーザーを用いた施術方法、料金などの情報をまとめています。

医療用レーザーを使ったシロノクリニックのあざ治療情報

URL http://www.shirono.net/operation/
施術料金 10,500円(1平方cm)
レーザーの種類 ・炭酸ガスレーザー
・Vスターレーザー
・フラクセルレーザー
・ダイオードレーザー
・Qスイッチヤグレーザー
・Qスイッチルビーレーザー etc
診療時間 ■電話受付時間
10時~19時/休診日:年末年始および祝祭日(予約制)
■初診予約時間
10時30分~12時30分、15時~17時30分
所在地
アクセス
■シロノクリニック銀座
東京都中央区銀座2-2-2 ヒューリック西銀座ビル4F
JR「有楽町」駅 京橋口より徒歩3分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 4番出口より徒歩1分
■シロノクリニック恵比寿
東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
JR「恵比寿」駅西口より徒歩8分
東京メトロ「恵比寿」駅 1番出口より徒歩8分
■シロノクリニック池袋院
東京都豊島区西池袋3-25-11 CIC IKEBUKURO BUIL8F
JR「池袋駅」西口より徒歩6分、地下鉄有楽町線「池袋駅」西口1b出口より徒歩1分

15万件におよぶ施術実績を持つレーザー治療専門クリニック

シロノクリニックは、炭酸ガスレーザーやQスイッチルビーレーザーなど、豊富な種類の医療用レーザーを備えた美容皮膚科クリニック。あざの種類に応じて、最も効果の高いレーザーを用いた治療を行っています。

グループ全体で15万件以上の施術実績があり、経験やノウハウも豊富。あざをキレイに消すだけでなく、周りの皮膚との色合いも考慮した、自然な状態にしてくれると評判です。

4種類の麻酔を使って、施術の痛みも最小限に抑えており、あざの治療は初めての人でも安心して相談できるクリニックです。症状に応じた治療法について説明すると、以下のようになります。

【黒あざ(ほくろ)の治療方法】

複数のレーザー機器で、数回に分けて丁寧に取り除くので、皮膚に負担をかけずに除去することが可能です。

基本的には、炭酸ガスレーザーを照射して、皮膚に含まれる水分とともにほくろの組織を蒸発させます。ただ、大きさや形状によってはQスイッチルビーレーザーを使用。根が深いほくろは再発の可能性がありますが、最後の治療から5年間を期限として、無料で治療してもらえる保証制度があるので安心です。

【茶あざ(扁平母斑など)の治療方法】

●扁平母斑
基本的には茶アザには、症状に合わせて、QスイッチルビーレーザーやQスイッチヤグレーザーを照射します。茶アザは紫外線を浴びると濃くなる性質があるので、紫外線対策をしっかり行います。

●遅発性扁平母斑
扁平母斑と同じように、レーザー治療できれいに取れます。ただ、毛包の再生力の強いタイプや、有毛性タイプの場合は、脱毛処理やドライアイス療法、他の種類のレーザーとの併用などが必要。熟練した技術と判断力が要求されます。

●カフェオレ斑
茶アザやイボが大きくなったような繊維腫も、炭酸ガスレーザー治療なら一瞬で取ることができます。

【赤あざ(単純性血管腫など)の治療方法】

●単純性血管腫
赤い色にのみ吸収される性質があるVスターレーザーを用いて、治療を行います。Vスターレーザーは血管中の赤い色素(酸化ヘモグロビン)に吸収され、熱エネルギーを発生。正常な皮膚にはダメージを与えることなく、瞬時に異常な血管だけを選んで凝固破壊します。
血管腫が深いところにある場合も、Vスターレーザーでの治療なら、かなり薄くすることができます。

●苺状血管腫(ストロベリーマーク)
盛り上がりの少ない局面タイプの血管腫の場合は、ダイオードレーザーをはじめとした低出力のレーザーを用います。低出力のレーザー治療は痛みを伴わないのが利点です。
比較的盛り上がりの大きいタイプや、急いで治療を行う場合は、Vスターレーザーなど高出力のレーザーを用います。低併用治療で、さらに高い効果が得られます。

●正中部母斑(サーモンパッチ)
自然に消えていく場合は、放置して経過を見ます。残ってしまった場合、単純性血管腫と同じようにVスターレーザーで治療します。

●老人性血管腫
炭酸ガスレーザーやVスターレーザーを2~3秒照射するだけできれいに消えます。

【治療後のケア】

傷跡を早く治したり、腫れ、炎症、痛み、かゆみを取り除くダイオードレーザーでケアします。

免疫力を正常化させ、自己治癒力を高める効果もあるので、強いレーザー治療後の赤みを抑え、治癒力・回復を促します。

炎症止めや美白剤などの外用薬、トラネキサム酸、ビタミンCなどの内服薬の服用で、レーザー治療の効果を高め、色素沈着を抑えます。