キレイに治す「あざ」治療クリニックnavi

キレイに治す「あざ」治療クリニックnavi

医療レーザーで完全消去!美しい肌を取り戻すあざ治療ガイド

皮膚科よりも美容皮膚科

最近の美容皮膚科の技術はめざましく進歩し、ニキビなどの皮膚疾患から皮膚の老化まで、メスを使わずに治療を行っています。特に、アザのレーザー治療は格段に進歩しています。

皮膚科よりもキレイに治療でき、メスを使う美容外科よりもずっと気軽に治療できるので、美容皮膚科でアザを治療する方は増えています。アザで悩んでいる方は、美容皮膚科のお医者様に相談してみてはどうでしょうか。

美容皮膚科と皮膚科はどっちに行けばいいの?

いざ、アザの治療に行こうと思ってはみたけれど、美容皮膚科と皮膚科のどっちに行けばいいのかわからないと思っている方も多いでしょう。そんな方のために、ここではその違いについてご紹介します。

皮膚科は皮膚病の専門家です。皮膚の疾患を塗り薬や内服薬などによって治療するところで、皮膚の見た目をきれいにするという点については重視していません。あくまで、皮膚の病気を治すということが中心です。

一方の美容皮膚科は、「美容」と頭にあるように、見た目をきれいにすることを重視しつつ、皮膚疾患も改善していきます。例えばアザの治療であれば、アザを治すだけでなく、跡が残らないように治してくれるというように、美容的な技術にも優れているのです。

診療メニューの違い

脂漏性皮膚疾患のひとつであるニキビの治療について、皮膚科では外用薬、内服薬などを使って治療し、まず治癒することを第一に考えます。

美容皮膚科では、治癒させるだけでなく、ニキビの跡をきれいにして、ニキビができにくい肌をつくることも重視します。美を重視しつつ肌質そのものを改善していく、ケミカルピーリングのような美容的治療もプラスして行います。

皮膚科ではできないレーザー治療

厚生労働省が保険適用を認めていないレーザー治療は、基本的には皮膚科では受けることができません。皮膚科で治療を受けていた人が、皮膚に残った跡をきれいに治す目的で、美容皮膚科を訪ねるケースも多いそうです。